ここは管理人u16の趣味雑記をのせたブログです
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
ほんと今の邦楽でロックな人って減ったよなーと思う。
別に永ちゃんみたいな人の事じゃなくて清志郎とか遠藤ミチロウとか江戸アケミとか若かりし頃のチバとか…要するに常識とかモラルみたいな基準を無視できる人。
音楽的には面白いバンドはいっぱいいるけど,そういう音楽以外の部分でときめけるバンドやアーティストってそれなりに売れてるやつじゃほぼいないな…強いて言えばかまってちゃんのの子くらいか。
まあボウディーズとか9mmにそれ期待するのは難しいのはわかるが,アンディモリの小山田とかテレフォンズの石毛とかもっと暴れていいんじゃないのかなー。そういう衝動ないのかな…。
「常識から外れたらロックとか古い価値観だなー」と思われそうだし別にそういうものに興味ないのはそれはそれでいいんだけど,普通にロック全体が好きな人だったら大体そういう所に興味持ちそうなものだけど…ビートルズだってローリングストーンズだってツェッペリンだってオアシスだってそういう所にも魅力があったんだから。
みんなレディオヘッド化しすぎだよね…「音楽さえよければそれでよし!そこで冒険すればよし!」みたいな。いやそれもいいんだけどさ。いいと思うけどさレディオヘッド。でもそこ以外,それこそ生き様とかでも楽しめるからロックなんじゃないんだろうか…そんな考え古いのか。でも洋楽なら今でもそういう人たちいっぱいいるからな(減ったけどね!)。そこらへんでも邦楽ってつまらんよなぁと思う。ヒップホップの人たちはまだ面白いけどね。K-BOMBとかSLACKとか。
とりあえず今巷で蔓延ってる似非ロックンロールバンドは…いやいいんだけど今ロックンロールやるのは。音楽以外のところも参照してくれ。カバーすりゃそのバンドになれるってわけじゃねーから。
さて,フジロック,サマーソニック第一弾アーティスト出揃いました。
http://www.fujirockfestival.com/artist/
http://www.summersonic.com/2011/lineup/
さて,結論から申し上げますと,とりあえずサマソニ一勝という感じです。
まずサマソニ。
とりあえずPILずるいっす。反則っす。ライブは非常に出来が悪いらしいですが児島氏も前回のツアーはべた褒めでしたし(http://ro69.jp/blog/kojima/28966 まあこの人はオリジナルパンクの話になると頭がすっぽーんと飛んでミーハー女子みたいになっちゃうところがあるから信憑性は微妙だが…),出来はともあれあの曲を生で聞けるなんてそれだけで価値は十二分でしょう。
そしてディアハンター。ソニックだろうなぁ…あのでかさであの歌が聞けるなんてなんか距離感おかしくなりそうですよ。前のツアーは単独は名古屋だけだったし。ビーチでアトラスサウンドやってくれてもいいよ!ていうかやって!
そしてマーズヴォルタ!いやーずるいね!俺のツボつくね!あのキチガイサウンドは一度でいいから爆音で聞いてガン踊りしたかった。まあ旬では決して無いだろうけど…どこだろ。マウンテン?ソニック?単独あったらなおよし!
もちろんスクリーマデリカ再現ライブもいい噂しか聴かないし,ジョンスペも来るし!(今回はJB様いないから存分にできるよ!)スペシャルゲストはなんとなくリバティーンズだろうし!フレンドリーファイアーズもいるし!いやー今回サマソニ第一弾は完璧ですね!
さて次。
とりあえずまずいっときたいのが昨日フジの早割りを買ったという事実。そしてサマソニのあの素晴らしさのあとにこれを見た…という心情がガンガン加味されている事をご承知の上ご覧ください。
まず,昔懐かしTRICK風にいいます。何 度 目 だ ケ ミ カ ル。もうえーっつーの!いつの時代だよ!六回目?!ふざけんな!新譜出そうがなんだろうがかんけーねー!もう飽きた!
そしてアクモン。アクモン?!オワコンにもほどがあんだろーが!しかもフジとか…絶対合わないね!俺が保証する!なんで日本の山奥で「自分の好きな女の子が売春婦だったぜイエー」とか聞かなくちゃいけないんですかー!やだー!
そしてコールドプレイ(笑)。勘弁してください。お願いします。いやわかりますよ…確かにタイミング的にはいいでしょうよ!でもさぁ!一応フジだろ!?どないやねん!ミーハーにも程ありませんか!?
いやそりゃモグワイとかフォーテットとかバディガイとかさすがフジとは思いますけど…でもCSSだのデジタリズムだのATARIだの今更呼ぶってどうなのよ。ATARI去年サマソニきたじゃん!意味ワカンナイ!え?YMO?ビッグオーディオダイナマイト?知らんわ。回顧厨はウドーでS席に十万円払っとけ!
はぁ…とりあえずアニコレとかボアダムズみたいな超弩級でも来ない限りこの差はなかなか埋まらないと思います。まあ両方行けって話しですが…あわせて七万は固いよなぁ…うーん…ウウッ。
今日もCDを買った。
Blonde Redheadの『Blonde Redhead』,『Mistery is a Butterfly』,Dirty Threeの『Horse Stories』,Godspeed You Black Empererの『f#a#∞』。
しめて2800円。ディスクユニオンパナイ。
Dirty Threeがいいかな。ゆったりとした演奏から冗談みたいなテンションの盛り上がりはなかなかアガる。
あとゆらゆら帝国のDVDBOXをタワレコで予約しなおした。
HMVオンラインで予約はしてたんだけど,入荷が早いという事でそっちにした。いまどきオンラインと店舗じゃ嘘みたいな値段の格差があるから普通にCDを買うんだともう店舗で買うメリットがほぼ無い。つーわけでせめて新発売のCDくらいはできるだけ早く手に入れるために店舗を使う事にした。
アナクロだとは思いつつもやっぱりオンラインだけで買いたくないし,データ音源で買うのも悩む。むしろ早くレコードプレーヤーほしいわ…。

たまに突然ラリーズを聞きたくなる。
今もっているのはle 12 mars 1977 a TachikawaとSunset  Glow Festival,Wild Party(今日Hevier than a Death in the Familyを買ったけど…これ五曲目以外はle 12~と一緒なのか…なく)だ。これのどれかを一気に(一曲だけとかはラリーズにおいてありえない)爆音で聞く。そして物足りなさを感じて,他のラリーズを買いたくなり,PSFレコードやディスクユニオンを見て,悩む。そして時に買う。これを繰り返している。
爆音バンドは数多いが,ラリーズの爆音は質…というかレベルが違う。短くても十分,長いと30分(ライブだと八時間続いたりするらしい…ライブの音量で八時間とかどうなっちゃうんだ)延々と続くフィードバックギター。ギターというがもはや音はギターのそれではなく,かといって完全なノイズではない。一番近いのはジミヘンの有名な国歌だろうか…しかしそこにヘビィな,ブートレグ音質だというのにヘビィなベースとドラムがインプロをせずに同じパターンをずっと繰り返す,そして時折水谷の浮遊感あるボーカルが挟まれることでえもいわれぬサイケデリックと情動の狭間を作り出す…モグワイに近い。しかし形容するには圧倒的にサイケデリックだ。
ラリーズは伝説商売,という意見があるらしい。まあ意見は人それぞれなのを一応前提としていうが,俺に言わせるとばかばかしくて反論する気にもならない。数多くの客観的反証(日本のマスコミが遠く及ばぬ海外でレーベルが正式にブートレグを出している事,数々の高名なミュージシャンのリスペクトetc)を並べてもいいが,何よりこの音を聞いてなおただのハイプと考える人と音楽に関して議論する気になれない。
日々のサウンドトラックには決してならない。だが,とても素晴らしい音楽だ。

チューリップのベストを借りた。
いい。THE ポップバンドだ。和製ポールマッカートニーは言いすぎだが,純粋にメロを引き立たせるためのバンドサウンドが邦楽美メロに弱い俺の琴線にぐいぐいくる。
とくに心の旅,そして青春の影だろう。
詞がたまらない。「愛に終わりがあって心の旅がはじまる」,「恋の喜びは愛の厳しさへの架け橋にすぎないと」…この優しいメロディに恋愛に対した諦観に満ちた視点が素晴らしい。あまーーーーーいバラードに会えなくて会えなくて言ってるやつより百倍泣ける。
こういうのが最終回で流れたらどんなアニメでも泣くと思うんだが…ぜひ頼むそらおと!

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/26 http://2017.szlps.net]
[05/25 http://2017.hnnfx.net]
[05/23 http://2017.hnnmr.net]
[05/23 human hair weave]
[05/22 http://hnddg.net]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
u16
性別:
男性
趣味:
音楽アニメ漫画鑑賞
自己紹介:
キモオタ
好きなアニメ:
パトレイバー劇場版2.瀬戸の花嫁
好きな音楽のアーティスト:
モグワイ,スピッツ
好きな漫画:
宮本から君へ,ガンスリンガーガール
好きなラノベ:
イリヤの空,UFOの夏
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
Copyright ©  バカのふり  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika